お電話でのお問い合わせ

予約受付時間|8:00〜21:00

 · 

すき焼き 食べれます

りんごで育った信州牛のすき焼き

 かつて、海のない長野県民の冬の贅沢といえば、すき焼きでした。今は大手スーパーやネットショッピングで、海の幸が簡単に手に入るようになりましたが、私が子供頃は、お寿司とすき焼きが最高の贅沢でした。

 1月生まれの私は、この時期になると、異常にすき焼き食べたくなります(笑)

特に福田屋さんの信州牛は、言葉で表現しようがなく、あえて説明すると

まず一枚の大きさが、スーパーなどで買うお肉とは全然違う。

卵と絡めたお肉は、柔らかくて、まさにとろけるお肉。

いくらでも食べれる。むしろ胃の限界を超えても食べたい。

そんな存在です。 

 

福田屋さんのリンゴで育った信州牛は、信州が誇る食の芸術品と

呼ばれることもありますが、まさにその通りな気がしています。

ぜひ一度お試しください。